2013年4月23日火曜日

MovieMix サンプル動画の解説


video

上の動画を作った時のタイムラインを解説してみます。(youtube版はコチラ)

現在のフレーム(赤い縦線の右の位置)のタイムライン上には 5つアイテムがあります。
水色のアイテムなのですべて、画像なのが分かります。
のちに文字タイプも使用していますが、ここでは文字も画像です。
・MOVIE
・MIX
・(アイコン画像)
・android・・・
・(背景の黒四角画像)
の5つです。動画設定の背景色は白色なのですが、ここでは黒くしたいので、
一番下に真っ黒な画像を拡大して、置いてあります。
なお、赤線の枠内が作成範囲です。

回転させるために、1フレーム置きに90度ずつ足しています。

ここでは、上から
・「動画&画像」 (文字・緑色)
・教会画像 (PhotoMixで動画表示部分を消去してあります。)
・赤ちゃんの動画 (追加型動画・紫色)
・以下 背景画像
となっています。

片方の動画を選択してみたところです。
赤線で、移動範囲が表示されています。
タイムライン上ではキーフレームがありますが、下に移動させるためのキーフレームです。

「入園式」が上から5つ目の位置です。
その上の1フレームずつずらして3つあるのが、入園式に重なっているエフェクトです。

ズーム中の移動範囲が赤線で表示されています。
タイムラインでは、複数のキーフレームが確認できます。

スローに切り替えるために、動画を置きなおしています。
開始フレームを調整してつなげて置きます。
そして、描画速度を半分にするとスローにすることができます。

※描画速度は全キーフレーム共通なので、途中で速度変更を行うには、このように、切り分けて追加します。

魔法っぽい効果。
キーフレームを細かく指定して、手の位置に合わせています。

「ファイヤー」
この時、人物の動画が停止しています。
このように動画の途中で任意の時間停止したい場合は、
開始フレームと終了フレームを止めたいフレームに設定すると、表示時間を無制限に伸ばすことができます。

※2フレーム以上の時はその動画の表示時間分しかタイムライン上で伸ばせなくなりますが、
1フレームのみを指定すると無制限にのばせます。

ファイルの最後。





0 件のコメント:

コメントを投稿