2021年5月4日火曜日

androidアプリ「うっせぇわ」

■androidアプリ「うっせぇわ」


■入手先 (Google Play)

 うっせぇわ - Google Play のアプリ


■概要

うっせーことには「うっせぇわ」

うっさくない人には言ってはいけません。


■遊び方

 セリフをタップするだけです。

 ・見逃すと1ミス。

 ・うっさくない人のをタップでも1ミス。

 ・5ミスで糸冬了。


■タイトル画面

 ・はじめから → スコア 0 から
 ・1/2から → ハイスコアの1/2から
 ・2/3から → ハイスコアの2/3から

■プレイ画面


 セリフをタップ。

2021年4月17日土曜日

台本作成アプリ

- 台本作成アプリ -

台本作成

入手先: GooglePlay

【 無料版 】 / 【有料版】

■ 無料版 制限事項 

・広告表示のため、通信機能が必要です。

・100行以降は、文字が薄くなります。

 (動画広告の表示で行数が増やせます)


■ 有料版 

・上記制限がありません。

・その他の動作は全て無料版と同じです。

・無料版で十分お試しの上ご検討ください。

・無料版で作成したデータは引き継げます。


【 使い方 】

■ページ設定 / PDF出力

・上段/下段の文字数を指定します。
 上段を「0」にすることで、段無しになります。
・向きは、PDF出力用です。

・フォントは、「設定」から変更できます。
 (フォントファイルは別途ご用意ください)
※機種によりSDから読み込めないので本体に保存してください。

■文字入力

・枠内の何もない場所をタップすると新規で書き込めます。

・入力済みの項目をタップ/ロングタップで、編集・削除等行えます。

■入力項目

・タイプが「見出し/セリフ/音/改行ページ/未選択」の5種類あります。

 タイプを設定することで、候補から選択しやすくなります。

 見出しに設定するとメイン画面のページ数から、ジャンプすることができます。

・ヘッダー

 上段に表示する文字です。


■設定

・ページ設定

 ここの使い方の一番上に詳細を記載。

・フォント

 好きなフォントファイル(.ttf/.otf)をご自身で用意して本体に保存してください。

 その後、ここから選ぶと有効になります。

 一度有効にしたフォントは履歴から選択できるようになります。

・オートバックアップ

 保存した際に、古いデータを保持しておく個数を変更できます。

 同一日に保存を繰り返しても一定の古いデータも残る仕様になっています。

 

■モード

 横向き表示で、読み専用になります。

 この状態では編集することはできません。



2020年11月19日木曜日

軍儀のルール ~軍儀を作ってみた~

アプリ入手先:GooglePlay


明確なルールは存在しないので、以下の仕様になっています。

覚えきれないような複雑なルールにならないように考えてみました。

改良の余地ありなので、予告なく変更する可能性がありますので予めご了承ください。


「束ルール」(たばね)

■駒の種類と動き方

【帥 (スイ)】 ×1枚
将棋でいう王将。
倒されると負けです。
【砦】 ×2枚
移動不可。奪うこともできない。


【大 (大将)】 ×1枚
将棋でいう飛車。


【中 (中将)】 ×1枚


【少 (少将)】 ×1枚
将棋でいう角。
【忍】 ×2枚
将棋でいう金。
【侍】 ×2枚
中将の1マス移動版。
【弓】 ×2枚
【馬】 ×2枚
将棋でいう桂馬。
【砲】 ×1枚
【筒】 ×1枚
【謀】 ×1枚
帥と同じ動き。


【兵】 ×8枚





■基本ルール
・盤面は9×9マス。
・帥を倒されるか、帥以外を全て(手駒も含む)倒されると負けになります。
・ゲーム中、持ち駒は、盤上の自駒の周囲にのみ新[アラタ](置くことが)できる。
・駒を3枚まで重ねることができる。
・自駒を自駒に重ねると、上下の動きが選べ、下の動きを行うと同時に移動する。
・自駒を敵駒に重ねると、除(倒して取り除く)か、ツケ(上に重ねる)が選べる。
・ツケると、敵駒は動けず、自駒が移動可能方向に、無制限移動になる。
・オンライン対戦時は、3回まで移動サポートが入ります。


■ゲームの流れ
1.初期配置を決めます。
 ・下から3マス分×横9マスに配置します。
 ・帥及び砦×2は、必ず配置しますが、他は任意です。
 ・砦の周囲8マスには、もう一つの砦を配置することはできません。
 ※予めタイトル画面からベースとなる陣形を保存してください。

2.配置が終了したら「済み」をタップして宣言してください。

3.両者配置が終了すると対戦開始。
 ・配置数の少ないほうが先攻となります。


■ルールの詳細
※重ねた駒について
 ・除した場合、上から敵駒を取り除きます。
 ・4枚以上重なる場合は、除され、それでも3枚を超える場合は移動できません。
 ・3枚自駒が重なっている場合、上と下の駒の移動範囲のみ反映されます。
 ・敵駒にツケられていると、移動と新はできなくなります。
 ・敵駒の上に自駒2枚の時、無制限移動が優先されます。
 ・自駒2枚以上の時、下の駒のみの移動範囲を選ぶと、同時移動になります。
  (上の駒の移動範囲を選ぶと1枚だけ普通に移動します)


■お願い
 ・バグ報告はメールサポートまでお願いいたします。
 ・改良案は、こちらのコメント欄にお願いいたします。
 ・正しいルールがないので様々な意見もあると思いますので、
  個別に対応できかねますが、ご了承ください。


■スクリーンショット


アプリ入手先:GooglePlay





2020年11月18日水曜日

アプリのプライバシーポリシー

プライバシーポリシー

StranDで配信するアプリでは、広告配信を目的として以下の広告配信事業者がご利用者の情報を自動取得する場合がございます。この情報から個人が特定されることはありません。取得する情報、利用目的、第三者への提供等につきましては、以下の広告配信事業者のアプリケーション・プライバシーポリシーのリンクよりご確認ください。


i-mobile (株式会社アイモバイル)
https://www.i-mobile.co.jp/privacy.html

nend (株式会社ファンコミュニケーションズ)
https://nend.net/privacy/sdkpolicy



2020年9月28日月曜日

switchドックに冷却用連動ファンを取り付けてみた。

switchが熱くなるので、ドックを改造して冷却用にon/off連動ファンを取り付けてみました。

実は、かなり以前から、switchドッグに、amazonで買ったファンを付けていました。
が、あまり意味がないとは思いつつ、お守り程度で使っていました。
(↓ちなみにこれですが販売終了)
見ためは良いですが、うるさいだけで、無いよりかはマシかも?ぐらいな程度。
5V400mAぐらいでした。
ファン3基横並びで、上半分で直接ドックからはみ出た本体にそよ風を送り、下半分ドック内
にそよ風を送り、本体吸気口のサポートするような感じでした。
手元でやり始め、途中でテレビでやるときに、そのままドックにさして、ファンの電源を入れ忘れることもチラホラあるので、改造することにw
ちなみに購入時には、本体上部につけるタイプも売っていましたが、
めんどくさそうなので前述のものにしました。
(↓こんなやつ)

改造ポイントは、
・本体に風を当て冷やす。
・本体吸気の補助。
・連動させる。
というのを目標にしました。

バラし方は、他所でご覧くださいw
Yネジをいくつか外すだけです。

■まず、一段階バラした状態です。
黄色い四角にちょうど、厚さ1cmの6cmファンが収まりました。
赤丸の部分を切り抜いています。
取り外した内カバーは、ファンに合わせて四角く切り抜いています。

■次に連動させるためにドック本体のLEDのコードを分岐させます。
完全にバラして、前からコードを持ってきても良いですが、
めんどくさいので、この状態でコードをカットして分岐しました。
あと、赤四角の突起を1枚折り、分岐した線を上側に出せるようにしました。

■ここまでできれば、バラしたものを元に戻します。
(分岐したコードは、外した内カバーの隙間に通します。)

■で、作った基盤につなぐ。
基盤が不格好ですが、綺麗に作り直しても意味はありませんし、
プラダンをコの字側にしてはめ込むと、綺麗に収まったので良しとしましたw

■ファンを2つ買ったために、せっかくだから外側にも取り付けました。
で、冒頭の写真です。
1基で十分だったかもしれません。
2つで、250mAぐらいでした。
風がダイレクトに当たり、連動して動いてくれるのでいい感じになりました。

ちなみに、今までつけていたファンですが、上に飛び出ているので、
ジョイコンが取り外しにくかったのですが、解消されたのも良かったです。

今回取り付けた6cmファンはこれです。





2020年6月19日金曜日

軍人将棋のルール

軍人将棋のルールについてですが、
様々な意見をいただきありがとうございます。

運要素も絡む不完全ゲームは、ルール決めが難しいですね。

いただく意見も様々ですが、
ほとんどが、対する正反対の意見も存在しますので、「これが絶対」というものは、ほぼありません。

自分自身でプレイする時は、攻守バランス良く、待ちプレイにならないように遊んでいます。
もちろんプレイスタイルは自由ですが、
「待ちの1択」「時間稼ぎ」というのは、オンライン対戦としては、あまり良くないという考えのもと、現ルールとなっています。
「待ち1択も戦略」という考えもありますが、どちらかと言えば少数派だと考えています。

千日手の手数を少なくという意見もありますが、逆に取って、判定勝ちを狙うことも簡単になってしまいます。
(手数のルールも不完全なので)

ルール改正を悪い評価とともにいただくこともありますが、その反対の意見も少なからずあります。


レベルの低いプレーヤーでも、上位のプレーヤーに勝つことが可能性な、絶妙なゲームなので、消えていくのはもったいないので、再び流行らないかと作ったのがきっかけですが、プレーヤーのモラル(基準も人それぞれですが)が、とても影響するので、オンラインで流行るには無理があるのかなぁと感じます。


2020年5月21日木曜日

プログラミング体験学習アプリ


小学生向きの、プログラミング体験学習アプリです。
【入手先 (Google Play)】
https://play.google.com/store/apps/details?id=strand.app.programming

【遊び方】
ロボットに動きを記憶させて、ゴールに移動させるとクリアです。

上下左右に動きます。

前進、左を向く、右を向く、ジャンプは一つ前を飛び越えます。

配列は、動作を3つまで登録できます。
配列のどうさを記憶させると、一つの記憶で、最大3動作を行います。

紫のアイコンがループ処理です。
「{→」から「→}」の間に、記憶させたどうさを2回繰り返します。
2重以上のループも可能です。