2020年2月4日火曜日

電気料金を比較してみました。

大阪ガスの電気の勧誘がしつこいので、再度、大阪ガスの電気プラン各種と、関西電力に加え、我が家で契約している「スマ電」とも料金を調べてみました。
なお、この記事は2020/2/4現在の価格です。
小数点以下四捨五入だったり、燃料調整費等ありますので、あくまで目安です。
ちなみに他の電気料金比較サイト・ブログのように、アフィリエイトではないので安心してください。

まず、プランと料金です。
【関西電力】従量電灯A
最低料金(15kWhまで) 341.02円
15~120kWh20.32円
120~300kWh25.80円
300kWh以降29.29円
【大阪ガス】ベースプランA-G
最低料金(15kWhまで) 285.00円
15~120kWh20.31円
120~300kWh24.90円
300kWh以降27.83円

【大阪ガス】スタイルプランP
最低料金(15kWhまで) 590.74円
15~120kWh20.56円
120~300kWh24.98円
300kWh以降29.29円
amazonプライム込み
【大阪ガス】スタイルプランd
最低料金(15kWhまで) 341.01円
15~120kWh20.30円
120~300kWh25.78円
300kWh以降29.28円
dポイントがたまる

【スマ電】
8000円以上関西電力従量電灯Aの5%OFF

※スタイルプランP
   amazonプライム年会費4900円を12ヶ月で割って計算
※スタイルプランd
     1,000円以上  6,000円未満 1% (dポイント)
     6,000円以上  7,000円未満 3% (dポイント)
     7,000円以上12,000円未満 5% (dポイント)
   12,000円以上  6% (dポイント)
※スマ電
   関西電力と同単価で、8000円以上の時、 5%OFF


次は、使用量に応じて、シミュレーションしてみます。

月5000円程度の使用の時

月8000円程度の使用の時

月12,000円程度の使用の時

月20,000円程度の使用の時


結論。(現在、関西電力を契約している場合)
1.電力会社乗り換えはお得。
2.大阪ガスに乗り換えるなら
  ・「スタイルプランP」は343kWh(8380円)以上は損をする額が高い。
  ・「スタイルプランd」は支払金額にほぼ差はないがdポイントがもらえる。
  ・「ベースプランA-G」が無難。
3.8000円以上使っていて、dポイント不要な人は「スマ電」がオススメ。

最後に。
この記事は2020/2/4現在の価格です。
また小数点以下四捨五入だったり、燃料調整費等ありますので、契約の際は記事を鵜呑みにしないでください。
あくまで目安であり、責任はとれないので、ご自身でよく調べてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿